AdobeStock_118857475_comp.jpg

​≪医療・介護事業  訪問看護 特化型≫

M&A

事業継承

事業再生のご支援

私たちは「地域医療の安定」と「質の高い介護医療事業の成長」を目指し、地域に根付いた信頼と品質を持った中小規模事業者様を支えます。

サービス

Service

​介護・医療事業・訪問看護事業に特化した

M&A及び事業支援

​M&A支援
事業の選択と集中、経営者の高齢化など、法人譲渡・事業譲渡を検討される経営者にとってより良い譲渡がなされるようサポートさせていただきます。
仲介料がネックで成立しないというケースも見受けられる為、弊社では業界最低価格完全成功報酬型で、売主様、買主様共に負担を最小限に抑えたご支援をしております。​
基本費用
売主様:無料(譲渡非成立時、債務超過時)
    1.5%~5%(通常成約時)
買主様:譲渡額の1.5%~5%(最低20万)

※ 仲介料計算は、純粋な譲渡価格に対して計算します。他社の移動総資産などとくらべ圧倒的に低価格です
※ 諸条件により前後する場合があります
事業継承支援
後継者候補がいない。。
後継者はいるが経験が少なく運用面で支えてほしい。
後継者を内部で育てる仕組みを構築したい。
 
など、事業継承問題で悩まれる企業様のご相談を受けております。仕組みづくりから、実際の運営支援までサポートしています。
​事業再生支援
事業の収益性の低迷、人材不足、業務非効率の改善、IT化の導入、推進する旗振り役不足、中小企業様の事業の改善、再生を図るべく、弊社担当者が​旗振り役として再生計画立案、実行を支援します。
 

悩まれている経営者様へのメッセージ

医療・介護事業M&Aセンターは、医療介護事業の運営と業務課題の改善を含めた経営コンサルティングを行っている
株式会社ユニバーサルグロースが運営しております。

私たちはM&A支援、経営コンサルティング事業の他、ITコンサルティング、医療介護事業の運営、

設立コンサルティングなども行っており、ただ売り買いの仲介を行っている業者とは異なり、医療介護事業を運営しているからこそ、わかるもの、見えるものがあり、より事業の付加価値を上げる施策をとることも可能です。

コロナの影響も然りですが、業界を取り巻く環境変化、政府の施策・方針の提言など、目まぐるしく状況が変わる中で事業を展開している経営者様、企業様は大変ご苦労されております。

とくに経営者様は孤独な闘いを強いられ、試行錯誤の上、万策尽きるといった心境にもなり、心労が溜まっているケースも

多く見られます。

ユニバーサルグロースは、そんな経営者様、企業様を支えることが事業目的であります。

事業の改善を図り、より価値がある形で譲渡したい。

事業を切り離し譲渡し、他事業に集中する。

法人を譲渡し、次期人生プランを再検討する。

事業の収益性、効率性、アプローチなど大きく見直し、再起動を図りたい。

それぞれの経営者様の悩みをしっかりとサポートさせていただきます。

 

1.医療・介護事業運営の知見がある

運営上の知見、課題など、身をもって経験しているコンサルタントがサポート
しますので、譲渡を行うか否かを悩まれている段階から、経営者様のご支援が可能です。譲渡額のボトルネックになっている部分の改善が図れれば、よりスムーズで、かつ希望に沿った譲渡の可能性が広がります。

2.業界最安値の仲介手数料

一般的なM&A仲介業者の手数料計算は、「移動総資産(株式価格+負債総額)」や
「企業価値(株式価格+有利子負債)」などに対して〇%という形で仲介手数料が発生します。そして売主側にも買主側にも共に費用負担が発生する会社も多く、
結果、譲渡合意の足かせになってしまっているケースが目立ちます。
 
しかし弊社では、事業の譲渡額、株式譲渡額など、譲渡額として扱う部分に対してのみ、仲介手数料を算出します。また案件が債務超過などを起こしているケースなどは、売主様からの手数料は発生しません。
仲介手数料によって譲渡が成り立たたないといった、不幸なM&Aを減らしたいという
​想いが弊社の信念です。

3.M&Aをせずに成長させるという選択肢も提案できる

M&Aの仲介業者は基本的に、売主と買主の間を取り持つだけです。ここにはクライアント企業の価値向上や、将来的ステップに対するアプローチ、ビジネスモデルの構築など、そのような視点でのサポートは限りなく少ないのが現実です。
(仲介の数をより多く回すことが彼らの利益なので)
しかし、弊社は、医療介護事業の運営の他、医療介護事業のコンサルティング、経営・ITコンサルティングを提供している会社です。
よって、クライアント企業様の成長を結果的にサポートすることが主の目的となりますので、ただ売るという選択肢を進めるだけでなく、成長の可能性を見出したら、新たなアプローチをご提案することが可能です。
多くの選択肢がある事。
​これはM&Aの仲介業者を選択するうえで、とても大事なポイントとなります。
 

ご相談​・
お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

arrow&v

送信ありがとうございました。後ほど担当よりご連絡させていただきます。